セフィーネNS 0.8〜1.5畳

【お客様へ】赤字の付属品・梱包箱および梱包材は、返却の際に必ず本体とともにご返却をお願い致します

セフィーネNS 0.8〜1.5畳

※現在お申込いただける商品のみ表示しております。
表示のない商品のレンタル料や仕様等はこちらをご確認ください。
製品情報はこちら

※下記の地域では、日曜日・祝日の納入・返却は対応できませんので予めご了承ください。
 札幌圏、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県


ナチュラルサウンドを追求した新商品。さらにご利用いただきやすい月額料金でレンタルラインアップ!

NSとは「Natural Sound」のこと。
セフィーネNSは防音室として音を遮ることはもちろん、何よりもナチュラルサウンド(=楽器本来の音が 響く部屋)を追求しました。吸音パネルを一体化したNS独自の調音パネルは、様々な楽器の 響きをコントロール。
NSレンタル全機種に照明器具を標準装備しました。
※ドア:0.8畳〜1.5畳は外開き(吊元右)の取扱いとなります。

製品情報はこちら

定額プラン

【ライトプラン】セフィーネNS 0.8畳

  • 0.8畳
  • Dr-35
  • エアコンなし


品番:AMDRB08RU
【ライトプラン】返却時の基本費用込みのレンタル料で、最短12ヶ月から必要な期間までご利用いただけます。 (レンタル品の購入はできません)
声楽はもちろん、クラリネット、オーボエなど、立って演奏する楽器の練習に適しています。

定額プラン

レンタル料金:9,900円(税抜/1ヶ月)

レンタル期間:最短12ヶ月〜

在庫を確認する

仕様

ドア吊元(開き)
外形寸法(mm) 1002×1443×2069 約0.8畳
室内寸法(mm) 884×1325×1923
本体重量(kg) 294.00
装備品 LED照明、換気扇、通線穴、音場パネル、2口コンセント×1

お届け時間など

納期・その他費用 【納期】防音室本体の納入は契約成立後14日程度の期間を要します。

【納入・返却の費用】
・納入時・返却時の運送・設置・解体の基本費用はレンタル料に含まれます。
・特殊作業料(階段上げ等)が発生する場合は、納入時・返却時ともお客様のご負担になります。
重量について 防音室設置に対する家屋の耐荷重は、家屋の状況やその他の荷重状態等にも因るため、最終判断は建設会社、ハウスメーカーなどにお問い合わせ下さい。
中古

セフィーネNS 0.8畳

  • 0.8畳
  • Dr-35
  • エアコンなし

品番:AMDRB08RU  声楽はもちろん、クラリネット、オーボエなど、立って演奏する楽器の練習に適しています。

レンタル料金:10,400円(税抜/1ヶ月)

レンタル期間:最短15ヶ月〜最長48ヶ月

在庫を確認する

仕様

ドア吊元(開き)
外形寸法(mm) 1002×1443×2069 約0.8畳
室内寸法(mm) 884×1325×1923
本体重量(kg) 294.00
装備品 LED照明、換気扇、通線穴、音場パネル、2口コンセント×1

お届け時間など

納期・その他費用 【納期】防音室本体の納入は契約成立後14日程度の期間を要します。
【その他費用】
・特殊作業料(階段上げ等)が発生する場合は、納入時、返却時ともお客様のご負担となります。
・ご返却時に別途解体費及び運送料が掛かります。
解体費  27,000円(税抜)
解体時運送料  22,000円(税抜)
重量について 防音室設置に対する家屋の耐荷重は、家屋の状況やその他の荷重状態等にも因るため、最終判断は建設会社、ハウスメーカーなどにお問い合わせ下さい。
中古

セフィーネNS 1.5畳

  • 1.5畳
  • Dr-35
  • エアコンなし

品番:AMDRB15RU  チェロなど弓を使う弦楽器も、椅子に座ってゆったり練習できます。

レンタル料金:13,100円(税抜/1ヶ月)

レンタル期間:最短15ヶ月〜最長48ヶ月

在庫を確認する

仕様

ドア吊元(開き)
外形寸法(mm) 1443×1884×2069
室内寸法(mm) 1325×1766×1964
本体重量(kg) 376.00
装備品 LED照明、換気扇、通線穴、音場パネル、2口コンセント×1

お届け時間など

納期・その他費用 【納期】防音室本体の納入は契約成立後14日程度の期間を要します。
【その他費用】
・特殊作業料(階段上げ等)が発生する場合は、納入時、返却時ともお客様のご負担となります。
・ご返却時に別途解体費及び運送料が掛かります。
解体費  37,000円(税抜)
解体時運送料  22,000円(税抜)
重量について 防音室設置に対する家屋の耐荷重は、家屋の状況やその他の荷重状態等にも因るため、最終判断は建設会社、ハウスメーカーなどにお問い合わせ下さい。